toggle

house

ペリカンビル(不動産/建築)

 

 

 

今まで、いないくらい「親切な不動産屋」をつくりたいと思って始めました。

建築の仕事をしてきて、もし自分が家をつくるならこの人にお願いしたいという人はたくさん浮かんできます。
それが不動産の仕事では中々浮かばなかったのです。

不動産を売却したり、土地を買ったりするのであればこういう不動産屋に頼みたいと自分が思える人になろうと思いました。

例えば「土地」を探すとき、自分が知りたい「家」の相談にとことん付き合ってもらえる人がいたらいいと思うのです。

土地探しの依頼を受けたとき、いきなり「土地」は探しません。
だって土地を探すのは家を建てるため。
そして家を建てるのは思い描いている暮らしを実現するため。
そうであるなら、土地探しは条件や価格から始めるのではなくて、どんな暮らしをしたいかを一緒に考えることから始めるべきではないでしょうか。

想像している暮らしを実現するには、どのような周辺環境が大切で、予算はどのくらいかかって、どんな会社に頼むのがあなたに合っているのか?
賃貸がいいのか、マンションがいいのか、中古住宅がいいのか選択肢は実はたくさんあります。

星の数ほどある住まいの可能性から運命の出会いを自分の力で引き寄せることはかなり難しいことです。
インターネットがある時代だからこそ、私たちのような情報を取捨選択する窓口が必要なんだと思っています。
血眼になってインターネットの情報を見たり、片っ端から不動産屋の扉を開けて疲れてしまうのではなく、自分らしい「住まいの道」をデザインできたらもっと楽しい時間にエネルギーを注げます。

「建築」の仕事では、その方にあった道筋を一緒に考えたり、困った時の相談相手といったアドバイザーをしています。
私たちは、家づくりにずっと携わってきた建築の知識を持った「不動産屋」です。

不動産屋にはこのような依頼者の相談相手となることが求められているような気がします。

人の価値観は千差万別。
私たちがデザインできる道筋は私たちの価値観に近い人の道筋に限られるかも知れません。
だからこそ「住まいの道」をデザインできる不動産屋がもっと増えていくといいなと思っています。

住まいづくりで迷ってしまった方に住まいづくりの楽しさを見つけてもらうことが私たちの仕事です。
依頼者の方が「これでいいんだ」と肩の力を抜くことができたら、もっと楽しいことが起こると思います。

お手伝いした仕事の紹介

ペリカンビル合同会社

〈宅地建物取引業〉

愛知県知事(1)第23911号

office sunao(オフィススナオ)

〈一級建築士事務所〉

愛知県知事登録(い―27)第12220号